社会貢献活動

車椅子40台目

10月11日に累計40台目の車椅子を社会福祉法人秋田けやき会へ寄贈致しました。ケアハウスの入居者のみなさんが出迎えてくださり、わたしたちの活動を説明すると拍手をして喜んでくれました。 今回のようにみなさんに笑顔になってもらえるように、これからも積極的に活動していきます。

車椅子39台目

9月7日に能代山本医師会病院へ、車椅子の寄贈をいたしました。2001年に秋田赤十字病院へ1台目を寄贈してから、今回で累計39台目となりました。 今後も、お世話になっている地域社会の要請と信頼に応えるべく、社員一丸となって活動を継続してまいります。

車椅子38台目

1月23日に、雄勝中央病院へ車椅子の寄贈を行ってまいりました。私たちが継続して行っている活動に感心していただき、「とても助かります」と喜んでくださいました。

車椅子37台目

3月25日に青森県民主医療機関連合会に車椅子を寄贈いたしました。青森県民主医療機関連合会は、病院・診療所・薬局・介護施設など多くの加盟事業所を持ち、地域の方々のために医療・介護、いのちと暮らし・平和を守る運動に取り組まれています。今回の寄贈にあたり「大変感謝しています。ありがとうございます。」とのお言葉をいただき、私たちも嬉しいかぎりです。ますますこの活動の継続に力を入れていきたいと思います。

車椅子36台目

3月17日に秋田県立リハビリテーション・精神医療センターに車椅子を1台寄贈しました。今回の寄贈先である秋田県立リハビリテーション・精神医療センターは、県内唯一、精神科、リハビリテーション科、高齢者医療、認知症医療などが1カ所で受けることができ、高齢化が進む秋田県において、とても重要な施設です。来週には、もう1台車椅子を寄贈予定で、今後も活動を継続していきます。

35台目

3月18日にあおもり協立病院に車椅子を1台寄贈しました。この活動は、創立50周年を契機に平成13年2月から15年にわたって取り組んできました。今後も地域社会への貢献活動として、継続して取り組んでまいります。

34台目

5月19日に、社会福祉法人いずみ会 リンデンバウムいずみに34台目の車椅子を寄贈しました。この車椅子がより長く、そしてより多くの方に使っていただけたら幸いです。

車椅子寄贈

12月13日に中通総合病院に2台の車椅子を寄贈しました。当社のCSRへの取り組みに感銘していただき、院長先生より感謝状をいただきました。この車椅子がより多くの患者さんのお役に立つことを願います。

車椅子寄贈

11月15日(金)に医療法人清風会 清和病院へ31台目となる車椅子の寄贈を行いました。 当社50周年の記念事業として始めた取り組みをご理解いただき大変、喜んでいただきました。今後も40台、50台と寄贈できる様、全社員一丸となり、がんばりましょう。

車椅子寄贈

8月22日に秋田赤十字病院に車椅子の寄贈を行ってきました。記念すべき30台目です。これからも1台でも多く寄贈し、地域の皆様に喜んでいただけるよう、社員全員で協力してまいります。

車椅子と寄贈先の職員

3月15日(金)に秋田県立脳血管研究センターに29台目となる車椅子の寄贈をいたしました。記念すべき30台目の車椅子まで後1台。車椅子を必要としている方に早くお届けできようこれからも精進していきます。

車椅子と寄贈先の職員と社員

6月17日(金)に介護老人保健施設 遊心苑さんに28台目となる車椅子の寄贈をいたしました。これからもこの活動を続け、記念すべき30台目の車椅子を早くお届けしたいと思います。

車椅子と寄贈先の職員と社員

3月16日(水)に大館市立総合病院に27台目となる車椅子の寄贈をいたしました。  コツコツと積み上げてきたこの活動も30台目が間近になってきましたが、これからも継続して取り組んでいくことが大切だと思います。

車椅子と寄贈先の職員と社員

平成22年3月9日朝一番に会社を出発し、北秋田市「北秋中央病院」には9時過ぎ到着、佐藤事務長様や武内婦長様のお出迎えにより、弊社の社会貢献活動の一環である車椅子25台目を無事寄贈することができました。北秋中央病院は今年の4 月に新築移転し「北秋田市民病院」として新たに生まれ変わる時期であり、寄贈した車椅子の新病院での活躍が期待されます。

ゴミ拾いに精を出す、新入社員

4月8日、まだ肌寒い春の風が吹いている中、恒例の御所野地区のクリーンアップ活動が行われました。会社を代表した少数精鋭5名で行い、例年よりも少ない範囲でしたが、弊社敷地周りなどの清掃作業を行いました。空缶などのゴミ拾いや側溝の彼草刈り、道路の掃き掃除に汗を流し、わずか1時間ほどの活動でしたが、地域社会に貢献できたことを嬉しく思いました。また、以前に比べてポイ捨てが少なくなってきたようにも感じました。今回の活動だけに限らず、ゴミの減量や分別の徹底、エコバック持参のレジ袋削減など、環境に配慮した活動を心がけて行きたいと思います。秋のクリーンアップ活動も積極的に取り組んで、みんなで頑張りましょう。

車椅子と寄贈先の職員と社員

3月6日に当社の社会貢献活動の一環である車椅子24台目の寄贈を、県南の横手市大森町に位置し、近くには大森公園や羽後カントリー、また南部福祉エリアなど自然と各施設が設備されている市立大森病院に社内決定し、訪問しました。この日はあいにくの雨でしたが、病院内は明るく事務長様より快く迎えられ、そしてご多忙にもかかわらず院長先生、婦長様も受け渡しに立会され感謝の言葉をいただきました。社内募金と会社からの支援で実施している事業ですが、「小さなことでもコツコツと」を継続し社会貢献できれば幸いです。

車椅子寄贈

2008/8/7活動

車椅子と寄贈先の職員と社員

8月7日に仙北組合総合病院へ車椅子の寄贈を行いました。今回で23台目の寄贈となりました。当日は院長先生、看護部長さん、事務長さん、総務課長さんがお迎えくださり、大変喜んでいただきました。

クリーンアップに励む社員

4月9日、御所野地域の企業によるクリーンアップが実施され、弊社からは新入社員6名を含む8名が参加しました。御所野工場の周りの歩道や敷地内のゴミを拾い集め、ゴミ袋2つ分にもなりました。職場の清掃は毎日していても、地域の清掃はなかなかそうはいきません。こういう機会を大切にし、今後も積極的に参加していきたいと思います。

車椅子寄贈

2008/2/5活動

車椅子と寄贈先の職員

2月5日、弊社50周年(平成12年5月)より継続している、「本業を通じた社会貢献」活動の一項目であります車椅子の寄贈で、22台目を大館市立扇田病院様に決定しお届けするとともに、事務長様から感謝のお言葉をいただきました。この車椅子が地域の皆様のお役に立ち、活躍してくれることを願っています。

ページの先頭へ