認定

プライバシーマーク制度とは?

個人情報について適切な保護措置を行っている民間企業等に対し、その証である「プライバシーマーク」を付与し、事業活動で「プライバシーマーク」の使用を認める制度。 1998年に創設され(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)が認定を付与しています。

弊社は、セキュリティ機能を持った生産拠点の必要性と、生産システムの確立をテーマに、平成16年度中小企業経営革新計画を策定し、秋田県に申請いたしました。

その結果、計画が認められ念願のセキュリティルームを兼ね備えたセキュリティ工場が平成17年11月に完成いたしました。今後も、高度なセキュリティ機能を持つ印刷と、高付加価値な製品提供で、皆様のお役に立ちたいと思います。

プライバシーマークイメージ

プライバシーマーク取得・経歴

平成20年10月 JISQ15001:2006へ更新!!

このたび、第1回目のプライバシーマークの更新を迎え、JISQ15001:2006準拠した認定を受け更新いたしました。

認定を受けたことを誇りに、今後も個人情報保護の重要性をさらに認識し、取扱い業者としての責務を果たしてまいります。

平成18年8月、プライバシーマーク取得!!

2005年4月、個人情報保護法が試行されました。

私ども印刷業が取り扱う仕事の中には、数多くの個人情報が含まれています。

これを預かる秋田印刷製本では、個人情報保護についてのJIS規格(JIS Q15001:1999)に準拠したコンプライアンスプログラムを策定し、対応いたしました。

弊社は個人情報を適切に保護していることをお客様に示し、製品作り、サービスに安心と信頼をプラスしております。

ページの先頭へ